<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
感情にとらわれないためには

 

 

 

 

 

ずばり言ってしまえば、感情にとらわれないようになるということは

タフに生きることです。

 

でも、みな、なかなかできないのですよ、特に思考にとらわれている

うちはね。

 

感情には憎しみや悲しみ、怒りや嫉妬、自己否定、劣等感や屈辱感

など、どちらかというと否定的な感情が問題になりますね。

 

そして、その感情が湧き出た発端は、外部からの刺激が多いですね。

 

でも、外部からの刺激で生じた感情であっても、それは人それぞれに

感じ方が違いますから、外部からの刺激に対して自分の中から生じた

ものなのです。

 

だから、その湧き出た感情に苦しむのは自分の問題だから、だれかに

責任があるわけではありません。

 

ひどいことを言われてひどく傷ついたとしても、言った人を責めるより

まずは自分の感情をコントロールすることが先決です。

 

みなさん、感情をコントロールするというと、そんな感情を持つ自分が

いけないのだとか、根に持つような自分を卑下したり、早くそれを忘れ

るように心がける、そのような対処が多いようですね。

 

でも、それは感情をコントロールしたとは言えません。

 

というのは感情というのは抑圧したり、自分を責めたりして落ち着くもの

ではないのです。

 

そういうことをすると、今度、また同じようなことに遭遇すると爆発する

かもしれませんね。

 

スタッフサグリアがそのような方たちには必要なレメディなのですが、ま

ずは、感情のコントロールをするにはどうすればよいかを学ぶ必要があり

ます。

 

感情のコントロールとは、自分に沸き起こった感情から離れることなので

すね。

 

では、どうするれば離れられるかというと距離を置くのです。

 

そういう習慣をつける。

 

たとえば、いま、とっても辛い、また激しい怒りが湧き上がってきたとした

ら、その感情を理性で沈めようとしても無理ですよね。

 

私はとても無理です。

 

そういうときに、私はどうするかというとその怒りのエネルギーの勢いで

外に飛び出します。

 

目的はなくても、とにかくいまの自分の感情から離れられるようなことを

します。

 

そうすると時間が経つうちにその感情が静まってきます。

 

でも、かなり根の深い怒りや苦しみはそれでスーとなくなるということはあ

りません。

 

だから毎日、繰り返す必要がありますね。

 

そうすると、いつしかどうでもよくなってきます。そしてタフになります。

 

鈍くなるのではなくタフになりますね。

 

これはね。言葉を変えると段々自分の本音でいられるようになってくるのです。

 

そうするとちっとやそっとのことでは感情に振り回されないようになりますよ。

 

感情に振り回されているうちは、それだけ自分が自由を奪われた生活を強いら

れているということです。

 

自分らしく生きれるように感情が振り回してくれていると感じるようになりま

した。

 

まずは経験、経験。タフになる訓練をしましょう。^^

 

それでも、私は全く無理、という人は病気ですから、ホメオパスにかかりましょう。

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram