<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホメオパシーは自然治癒力を引き出す自然療法です

 

 

 

 

 

ときどき、ホメオパシーはお薬と併用できますか?

 

という質問を受けることがあります。

 

そういう質問を受ける方たちの多くは紹介などでいらっしゃるクライアント

さんが多いです。

 

しかし、ブログを読んで来ていただいたクライアントさんにこの質問をされ

ると、ちょっと戸惑うことがあります。

 

というのは、ブログからのクライアントさんの場合は、かなり自然療法に精通

されていたり、自らホメオパシーをセルフケアで使用されているなど、

[ 自然治癒力] いわゆる自らの身体の治癒力を高めたい方たちなのですね。

 

だから、なるべく害のあるものを身体に取り入れたくないと考える方が多いのです。

 

しかし、たまにブログからいらして、お薬と併用できますか?

 

と聞かれてしまうと、これはもう異次元の出会いになることもしばしば。

 

そして、お薬と併用できないと自分の体は衰弱してしまうと考えられたり。。。

 

このようにお考えになると、もうこちらの言語は通用しないので、

 

あら〜、それはたいへん、と思いつつも、なすすべがありません。

 

基本の考え方がまるでそりが合いませんと、お薬と併用しながらホメオパシー

に少しずつ切り替えていくというお話などは、なかなか通じないものです。

 

だから、ご紹介でいらっしゃった、まったくホメオパシーをご存じない方たちの

方が、実は、このような方たちよりも受け入れがいいです。

 

なぜかと言うと、先入観がないので、知らないうちにホメオパシーに馴染んで

いただいているということも多いのです。

 

実は、ホメオパシーはお薬と併用できます。

 

たとえば、長年ステロイドを使用してきた人やホルモン剤、抗鬱剤、頭痛薬、睡眠導

入剤に依存してきた方などは、すぐにお薬を切ることは危険だったり、またはホメ

オパシーがなかなか作用してくれないことも多いのですね。

 

そういう場合は、お薬を使用しながらホメオパシーを飲んでいただいて、徐々に

ホメオパシーにすり替えていくようにします。

 

そうすることで、たとえば、ステロイド、チラージンなどを使用している方は、怠けて

しまっている副腎や甲状腺といった内分泌の臓器の働きを回復させていきます。

 

また、癌などで化学療法や放射線などを使用している方のフォローもできます。

副作用を極力抑えて免疫を回復するために使用します。

 

だからお薬と併用する場合は、あくまでも将来は自分の自然治癒力のみで身体を維持で

きるようになるためのプロセスなのですね。

 

そうですね。。。

 

スピリチュアルに興味をお持ちの方に、そういうある種の独自な概念がある方が多いの

かしら?

 

ホメオパシーは、薬効を求めるものでもないし、スピリュアルを求めるものでもないの

を実に良く理解しているのはホメオパスだけなのかなと感じたり。

 

ホメオパシーを一言で表現すると、ホメオパシーは、自分との類似のエネルギーとの出会

いという感じでしょうか?

 

だから、ホメオパスとの出会いも類似のエネルギーとの出会いなので、そこがうまくいか

ないと、ホメオパスにとってもクライアントさんにとっても難しい療法となります。

 

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram