<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
咳喘息と緊急レメディ

 

 

 

 

 

夏風邪が流行っていますね。

 

風邪は治ったのに、咳が止まらない状態が数週間続いたら咳喘息かもしれません。

 

咳喘息の症状は、咳が唯一の症状で痰は少量か、全く出ないこともあります。

 

ゼイゼイ、ヒューヒューするような息苦しさもなく、咳は、室内外の温度差、話し

たり、笑う、過労、ストレスやホコリ、香水、柔軟剤などで誘発されます。

 

咳喘息になる人は、ダニや花粉などのアレルギーを持っていることが多いです。

 

ちょっと調べたところによると以下の原因が多いようです。

 

副鼻腔気管支症候群(副鼻腔炎:いわゆる蓄膿症と慢性的な気管支の炎症のために咳や痰が続く病気)

胃食道逆流(逆流性食道炎)

アトピー咳嗽(太い気道が過敏に反応して咳が出やすい、気道の「じんま疹」アレルギー体質あり)

 

咳がひどい状態をそのまま無治療にしていますと気管支喘息に以降することが

ありますので、早めの治療が必要ですし、夜間、窒息しそうになったときは病院の

処置が必要になります。

 

夜間、咳がひどくて、窒息感や不眠が続くようなときに使用できるレメディをご紹

介しておきます。

 

 

Arsenicum album

 

 

どちらかというと空咳です。場合によっては、泡だったような痰が出ます。焼ける

ような感覚、又は焼けるような痰が出て、気道が収縮したように感じるため、呼吸

がしにくくなります。咳によって大変疲れます。体が冷たく、落ち着きが無くて不

安で、夜中過ぎにより状態が悪くなり、寒さに敏感です。

Bryonia alba
胸が痛む、乾いた激しい咳に。ブライオニアの症状は、強い圧迫と、じっとしているこ
とで明らかに好転します。全てのブライオニアの症状は乾きを伴い、どんな動きでも悪
化します。暖かい空気で悪化し、部屋に入ると咳の発作が起こります。深い深呼吸をし
たくなりますが、痛すぎてできません。イライラして喉が渇き、独りになりたいです。
Drosera rotunditolia
百日咳。吐き気がしたり、実際に吐いてしまうような痙攣性の咳。胸の奥深くから出る
咳で、息の詰るような咳が次々に出てくるので、息をするのが困難なほどです。喉にか
らむ咳が始まると眠れません。横になること、夜中過ぎ、ベッドに入って温まることで
症状が悪化します。
Cuprum metalicum
午前3時ごろから始まる窒息を伴う咳の発作、咳で顔面蒼白になります。ゴロゴロ鳴る
痙攣性の咳で、発作と嘔吐が交互に来ます。冷たい飲みもので軽減しますが、Cuprum
metalicum状態のときはレメディを取ってすぐに病院で処置をお願いしてください。
Ignatia amra
乾いた、痙攣的な短い空咳。咳をすればするほど、よけいにイライラしていっそう咳が出
ます。百日咳。十分に深い呼吸ができず、頻繁にため息が出ます。
Kali bichromicum
白くてネバネバした、卵の白身のような粘着性の粘液が出る。吠えるような短いから咳で、声
がかれる時に。衣服を脱ぐことがきっかけで咳が出る場合があります。喉にムズムズするよう
な感覚があるクループ様の咳で、痰を伴う吠えるような咳のときに使用します。
Rumex crispus

室内外の温度差や話したり、緊張すると出やすい咳、口を覆うのと軽減します。喉は、常にく

すぐったくて乾燥気味です。アレルギー性の咳喘息にはよさそうです。

Phosphorus

 

非常に疲れる、乾いていて激しい、喉にからむ咳で、喉の奥の方に刺激があります。咳は笑ったり

話したりすることや、温度の変化(外出又は帰宅など)で引き起こされる場合があります。

咳によって頭が割れるように痛みます。胸が縛られるように痛み、痛みは腹部にまで広がります。

冷たい飲み物を欲します。

咳のレメディは、他にもたくさんありますが、これらのレメディは咳喘息の発作に役立ちそうです。
保存データから引き出したので、文章がずれてしまって、なかなかフォーマットの修正ができません
でした。読みづらくなり申し訳ありません。

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram