<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
深刻な悩みを解決するには

 

 

 

 

 

今日は、午前中、神社に行って、その後、深大寺まで写真を撮りに。

 

なぜ、神社?

 

この気づきをみなさんとシェアしたいと思います。

 

ちょっとホメオパシーからは外れるかもしれないけど、基本的な考え方は

ホメオパシーでも経済でも同じなんですね。

 

実は、数ヶ月前に、ある投資家の方が自分のサイフの中身を見るのではなくて

流れを見る、自分のサイフを流れと見るという話をされていたんです。

 

そのときは、なるほど。と思ってすぐに忘れてしまいました。

 

そうしたら、主人の具合が悪くなってしまったのですね。

 

脳出血の後遺症がありますから、良いときもあれば悪いときもあります。

 

しかし、あまりに心配をしすぎると、運勢はどんどん負の方向にいってしまって

小さい事故を起こし、車の空調は壊れるし、仕事の波にもうまく乗れなくなり、

私の気分まで深刻になり、不眠状態が続いていました。

 

約1ヶ月以上の間、深刻な気分で過ごしていましたから、ベットルームのフロア

スタンドの電球が切れただけでも、ドーンと落ちて死にたい気になって自分でも

おかしくなったんじゃないかと。

 

で、よくある行動をとったのですね。

 

さ、ここからはホメオパスも参拝に走る、のお話ですが、投資家のお話が腑に落ち

ました。

 

まず、考えたのは、運勢が落ちているのでなんとか流れを変えないとと。

 

主人も私も同い年の九紫火星です。

 

今年の九紫火星のよい方位は北東なので、北東に行こうと。

 

どうせ行くなら神社だわ。

 

なぜかというと、神社は磁場のいいところに作られているんです。

 

パワースポットですね。

 

それで、家から北東の日枝神社に2日前に行ってみました。

 

ここからの思考は、だてにホメオパスはやってない。^^

 

単なる神頼みではありません。

 

神社に参拝するということは神様の前に身を投げ出すということなのですね。

 

これは守りを外して感謝とお願いをするわけです。

 

では、それまでの姿勢はどうかというと、自分の小さな世界にとらわれて、何

としても今の安全な生活を守ろうとしている状態です。

 

でも運が落ちているときは、足掻いてもだめなんですね。

 

とんどん深刻になっていくし、負のスパイラルを転げ落ちてしまいます。

 

だから変えようとか、なんとしてもこの苦しみから抜け出さなくてはと思うよりも

それにとらわれている小さな自分を超える何かのきっかけを作ることが本質的な

解決になると思います。

 

まずは、悪運を受け入れて、それを超えたところに身を置くとその悪運に縛られな

いので苦しいとは思わなくなりますよ。

 

また、神様の前で何度も何度も今日に感謝します、と言ってみます。

 

ポジティブな言葉がだんだん勝ってくると、気持ちも変わります。

 

そう投資家のいう自分のサイフを見るのではなく、流れになるということですね。

 

サイフを流れとしてみる。サイフは流れている、物ではない。

 

とにかく、結果にとらわれず、自分のなすべきこと、自分の本心に沿ったことを

やり続ける。

 

悪運を変えようとしなければ、そのうちにバランスが整ってきて運勢が変わります。

 

なぜならば、運勢も流れてますから。

 

いつまでも悪運は続きません。

 

もし、深刻な悩みで苦しんでいる方がいれば神社に行ってみるのもいいですよ。

 

なんとなく、この数日間でも流れが変わったような気がしています。

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram