<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
癌と自然療法

 

 

 

 

 

先日、知人がこう言いました。

 

今、私の周りの癌の人たちはみんな生きている。

最近は、西洋医学も進んでいるので、そう考えると自然療法はどうなのかしら?

 

このような考えの方たちは、あまり私の周りにはいませんが、世間一般的には

多いのかもしれないですね。

 

私は癌治療に関して、西洋医学と自然療法をジャッジする気はありません。

 

やはり、それはその当事者の問題ですし、生き方に関わる問題だからです。

 

言うまでもなく、難病を克服するには自分自身への信頼が大切ですし、誰かが

直してくれるものではありません。

 

だから、どちらを選ぶかということではなくて、自分自身を信頼して選択する

ことが大切ですね。

 

そうしないと悔いが残ります。

 

癌という病気は、長年の生命エネルギーの乱れから生じる急性症状です。

 

そういう意味では、初期ガンなどは、西洋医学的な手術や化学療法で急性症状を

一時的に抑える処置は功を成す場合も多いです。

 

そして、悪性度がそう強くない癌の場合は、そのまま長く延命できるケースもある

かもしれないですね。

 

しかし、非常に悪性度が高い癌やステージが重い癌は、西洋医学的な処置や自然

療法でも残念な結果に終わることが多いです。

 

そのようなときは、西洋医学的な治療と自然療法のどちらが生存確率が高いのか

ということよりも、どちらが自分らしい生き方なのかを考える方がいいのではない

でしょうか?

 

命の長さと自分に正直に生きることとは比例しないこともあります。

 

あるステージが重いクライアントさんは、最後まで自分らしく生きていたいという

願いがありました。

 

だから、私は化学療法を受けないで最期まで自然食事療法を続けて死に移行したい。

 

とても真面目な方でパンパンに浮腫んだ足で通っていらっしゃいました。

 

そこで、ホメオパシーでできる最大のことは彼女の心の癒しでした。

 

彼女の心に屍のように横たわっていた重い問題はレメディの飲用でとても軽くなり

ました。

 

重い病理の身体の治癒は、とても長い時間がかかります。

 

それは、今世では間に合わないこともありますが、癌という病気に関しては、心が最期

で癒される方を何人も見てきました。

 

ホメオパシーが、なぜお薬とは異なって心の乱れの異常に直接関与するかというと、

それはレメディが物質ではないからです。

 

ある種のエネルギーのみが末期癌のクライアントさんの心の問題を解き放ちます。

 

それは祈りにも近いエネルギーかもしれないです。

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram