<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 慢性疲労症候群と脳の血流低下 | main | 緊急時の動物のストレスとフラワーエッセンス >>
ホメオパシーで起こる心の変化

 

 

 

 

 

最近、家庭や子供の問題でホメオパシーを受けにいらっしゃる方が

多くなりました。

 

そのようなお母さまや奥さまは、いまのような状況に陥っているの

は自分にも問題があるのではないかと思っていらっしゃるのですが、

最初にお会いした時点では、やはり相手の状態に囚われていらっしゃ

います。

 

なので、なんとか夫や子供が自分の理想に近づくような将来を期待し

てらっしゃるのです。

 

ところが、そう思っているときは状況はほとんど変わらないのですね。

 

それは、相手を自分の判断基準で自分が正しいと思う方向に導きたいと

思っているわけですから、自分のスケールで相手を見てしまっています。

 

しかし、ホメオパシーは、クライアントさんの人生を探っていきます。

 

クライアントさんの人生で、いつ、何が起きたのか?

 

そして、そのクライアントさんがそのような考えに囚われた原因、きっ

かけを探し出し、その状況に対応したレメディを取っていただきます。

 

そうすると、その囚われた感情が顕在意識に現れることで、自分が見て

いる相手は自分がそのときに囚われた見方の投影だと気づきます。

 

そして、自分の考えが絶対ではないということがわかるのですね。

 

このように、レメディによって心のエネルギーの流れの滞りを解消する

と、自分の判断基準を超えて、それには囚われることなしに相手を見る

ことができるようになります。

 

まあ、言ってみれば、目の前の出来事や人は自分の心のトラウマが引き

寄せているのですね。

 

だから、心の奥でくすぶっていたトラウマが相手に投影されているわけで

すから、それによって傷つくわけで、なんとかしたいと思うのです。

 

しかし、レメディでトラウマが解消されるにつれ、目の前の問題は徐々に

解消されてきます。

 

そうすると、なにが起きても気にならなくなってきます。

 

子供が勉強しなくてもね。

 

勉強しない子どもを見て歯がゆい思いをするのは、自分も勉強しなくて後で

辛い思いをしたり、又は、勉強しろと言われてとても頑張ったか、いずれに

しても勉強でとても楽しい時間を過ごした人は、子供が勉強しなくてもキーッ

とはならないような気がしますが。。。

 

そういうわけで、ホメオパシーのカウンセリングでは、その人の人生で起きた

出来事をとても重視します。

 

その人の生い立ちを追う、そして、心の流れが滞った状態を探り解放します。

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram

COMMENT