<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Cimicifuga 子宮と感情のつながり | main | 意識は健康状態に変化を与える >>
秋の花粉症、ブタクサとAmbrosia

 

 

 

 

 

ようやく暑さも静まり秋の陽気になってきました。

 

週末は大型台風が接近しそうです。

 

私は、このところ、ずっと鼻づまりに苦しんでいて、ときどきくしゃみ

と鼻水で眠れないことがあります。

 

特に、瞼が痒くてしょうがなく、瞼をかき過ぎて目の周りが真っ赤になっています!

 

さすがに、今日は、Ambrosiaを飲んでみようとペットボトルを買ってきました。

 

Ambrosiaは、花粉に対するレメディで、特にブタクサ/ホッグウイードに

使用します。

 

ブタクサの開花期は、夏から秋で花粉は風によって散布されますから、ブタクサ

のアレルギーがある方には辛い季節になりますね。

 

症状は、刺激性の流涙と我慢できない瞼の痒みで、眼瞼が熱くヒリヒリと痛痒くな

ります。

 

眼瞼結膜炎の状態で。今、私がその状態です。

 

また、水っぽい鼻風邪のようなくしゃみと水溶性の鼻水が出ます。

 

くしゃみが激しいときは鼻血が出ることもあります。

 

常に、鼻は詰まっていて、ひどくなると喘息のような咳が出ることもあります。

 

百日ぜきのような感じです。

 

急性時には、MT (マザーチンクチャー)がよく、8〜10滴をコップの水に入れ

て6〜8時間毎に服用するといいですね。

 

うちには6Cしかないので、ペットボトルに2粒を入れて少量ずつ1日かけて

飲んでみようと思っています。

 

今は、瞼の痒みと鼻づまりが辛いですが、Ambrosiaの症状を経験すると

よりレメディの理解が深まりますから、よしとするしかないですね。

 

同じような症状の方がいらっしゃれば試してみてください。

 

 

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram

COMMENT