<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インドのコロナウイルス対策のアドバイス | main | 突発性の顔面神経麻痺 >>
ホメオパスのマテリアメディカ

 

 

レメディの像は、マテリアメディカの中に記述がありますが、だからと言って

それが信頼できるものかというとそうではありません。

 

数多くのマテリアメディカを読み込んでいくと、その記述は、レメディの像に

近いものに過ぎないということがわかります。

 

だから、マテリアメディカを考察すればするほどレメディ像は抽象的なものにな

っていきます。

 

どうしてかというと、レメディは、プルービングの結果であり、プルービング

はただ、その一部を引き出しているだけだからです。

 

それぞれの著者のマテリアメディカの主要な部分は、類似していることが多いの

ですが、だからと言って、多くのマテリアメデイカを読むことによって、そのレメ

ディに確信を持てるかというとそうではありませんね。

 

そう、マテリアメディカのレメディ像は不明瞭なのです。

 

では、レメディ像に確信が持てるにはどうすればいいかというと、それは臨床でし

か見出せません。

 

使ってみなければわからないのです。

 

そのレメディで、自分のクライアントの症状が動いたときに、そのレメディがそ

のクライアントのレメディ像であることがわかります。

 

動いたということは、同種の法則の結果なのです。

 

だから、バナジーやストットラーのケースが自分のケースに類似しているからと

いって同じ治癒が起こるとは限らないし、さらには、自分の過去のケースと類似

しているからといって再び他のクライアントに治癒をもたらすかというとそれも

起きないことがある。

 

このようにレメディは体系できない不確かなものなのです。

 

というのは、臨床であっても、一種のプルービングに過ぎないからです。

 

膨大な情報を限りなく持っているレメディの一部のプルービングに過ぎません。

 

そこが画一化された薬とは違うものであり、また波動医学と呼ばれる所以です。

 

では、実際にレメディとは、不確実なものかというと、それは違う。

 

捉えるのが不確実なだけで、元素理論に基づいた構造をしっかり持っています。

 

ただ整理が非常に難しい。

 

だからこそ、ジャン・ショートン、サンカランたちは、元素理論を用いてレメディ像を

整理し、レメディの本質を掴み取る事が出来るような方法を試みて来ました。

 

ホメオパシーとは、このようなものです。

 

ホメオパスは、それぞれに独自の臨床結果、プルービングの結果を持っています。

 

だから、それぞれのホメオパスのマテリアメディカに書き込まれたレメディの情報のみが

そのホメオパスが掴んだレメディの元素理論に基づいた構造の真実なのです。

 

しかし、それもレメディの一部に過ぎません。

 

だから、ホメオパシーを学ぶということは、途方もない旅路となるでしょう。

 

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram

COMMENT