<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ホメオパスのマテリアメディカ | main | 腰痛は動いて治そう >>
突発性の顔面神経麻痺

 

 

やはり、HAUSERはこれ!

 

1月6日に、無痛性の下痢でいらしたボランティアの方が、昨日の朝に

突然、目がおかしくなったそうで顔面神経麻痺の状態になられていました。

 

顔の右半分が麻痺して口角が下がり、よだれが出るということでした。

 

眼科には行ったそうですが、明日、病院に行きMRIを取るということ

です。

 

この方は、うちにいらしたときに血圧を測っていただいたのですが、

150を上回っていました。

 

かなり疲弊状態だったので、病院で検査を受けるように勧めたのですが

病院嫌いで、翌日元気になられたので、

 

『ええ、どうして? こんなに元気になったのに。』

 

と、全く無頓着でしたね。

 

で、結果的にこうなった。

 

あの時に、もう少し説得してGraphを使っていればとは思いましたが

やはり、その人の自覚がないと無理ですから。

 

Graphには、顔面神経麻痺があります。

 

だから、発病を防いだかもしれません。

 

多分、今の状態は Causticumでしょうね。

 

日頃、元気な人は危機感がないので、疲弊状態になっても頑張って働き続けます。

 

そして、突然に病気を発病してしまいますね。

 

まあ、私も主人もそうなのですが。

 

だから、もともと虚弱な人は心配性なので、そう大きな突発的な疾患にはかかり

にくいですね。

 

慢性疲労が続いている方は、くれぐれも気をつけましょう。

 

今日はお休みのつもりでしたが、午後から高校生の女の子がセッションを受けに来ます。

 

どんな子が来るのか楽しみです。

 

みなさま、素敵な休日をお過ごしくださいね。

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram

COMMENT