<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 神経痛とホメオパシー | main | 慢性的なエネルギーブロックと病気 >>
暑がりの Sulphur (サルファー)

 

 

 

 

 Sulphur (サルファー)は、ホメオパシーでは、もっとも大きなポリクレト

で、頻繁に使用されるレメディですが、良く言われている不潔でだらしない

イメージ像のようにSulphur の精神像は常に同じということではありません。

 

浮浪者のような Sulphurもいるし、ボロをまとった哲学者のようなSulphur

もいますが、過剰な綺麗好きや、潔癖、洗練されていて整理を求めるSulphur

そして、その両方を持ち合わせているSulphurもいます。

 

そのようなSulphurの内面には、辱められている妄想があります。

 

それは、自分の無知や自分にとって欠けているものがあり、周りから軽蔑され

ていたり、批判されているという気まずさです。

 

そのために、それをバネにして不足を補い、他人から認められるように努力を

しますが、Sulphurというのは、その自己中心的な性質というか単独性からか、

人生において、彼らの人間関係は、うまく統合されないことが多いです。

 

だから、とても知的ではあるけど、ある出来事に集中していると、他のことには

注意が向かない、または、他人のことが理解できないところがあります。

 

そこが愛の欠乏とみなされるところでしょうか?

 

そのような傾向が、Sulphurが一匹狼的であると言われるところですね。

 

Sulphurは、その協調性のなさからなのか、子供では幼い傾向がありますね。

 

特に、男の子はADHDの傾向があります。

 

大人のSulphurに関しては、哲学的で自慢傾向にありますが、自分の中の欠乏性

を知っていて、自分が認められていないという妄想を抱いていることも多い。

 

なんかこう、非現実的な世界に住んでいるというか、夢想的というか。

 

そのくせに、一方では、実用的で物質的です。

 

だから、所有することに熱心で、彼の美学にかなった美しいガラクタをたくさん

収集します。

 

しかし、一旦集めてしまうと興味がなくなりますね。

 

また、言動は自分の自己満足にフォーカスしていますから、他者との精神的なつな

がりが少ないのです。

 

Sulphurの子どもを観察していると、Sulphurをよく理解することができて興味深いです。

 

そして、とても暑がりです。

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram

COMMENT