<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 急な気圧変動と不調 | main | コロナの初期症状とホメオパシー >>
物質世界の現象とエネルギーの世界の違い

 

 

 

 

 

今、私たちが住んでいる世界はとても豊かな世界と思っていますが、

それは物質的なレベルでの豊かさであり、本当の豊かさの意味は失わ

れつつあるように思います。

 

ほんとうは、私たちは、少さな最小限の物質があれば生きていけるの

ですが、それを忘れてしまっているのでしょうね。

 

だから、自分の内面の欲求よりも、外側の情報に振り回されて日常生活

を送っています。

 

そして、いま、世界中の人々が同じ船に乗り、見えない(敵)と戦い、

また逃げ回っている状態ですね。

 

でも、この敵という言葉には違和感がありますが。

 

この状態の中で、私が、唯一納得できる言葉は、免疫の取得です。

 

私たちは、どんなに強硬な物質的なシールドで守られていても、自然の

力にはかないません。

 

そして、自然の生態系の中で生まれて、死ぬのです。

 

それは、多くの植物や動物、昆虫たちと何ら変わらないライフスパン

です。

 

強いて言えば、ちょっとだけ寿命が長いだけでしょうか?

 

近年の自然災害や異常気象の激しさにより、多くの人々や動物が犠牲になり、

畏怖を抱いている人たちも多いと思いますが、私は、これが森羅万象の中で

生かされていることなのだと思います。

 

そういう意味では、私たちは、地球以外には生きる土地を持っているわけで

はないので、どのような状況も受け入れていくしかありません。

 

そう、私たちは自然の一部なのです。

 

そういう意味では、自然に生かされているということで、この精神が、私たちを

ほんとうの豊かさに導くのだと思います。

 

私たちは、目の前の現象が全てだと思いがちですが、実は見えてないことの方が

多いのではないでしょうか?

 

グローバル化という言葉が一人歩きしていますが、地球上には、私たちが知らない

、また知ることができない出来事や病気、または、現象がたくさんあります。

 

 ウィルスもそうですが、難病を持って生まれた子供たち、生まれては、数日で亡くなる

子供や、汚染されて立ち入り禁止になっている廃墟、かと思えば、神秘的で、美しい

蝶の孵化や、洞窟に咲く花々、美しい日没など、私たちがすべてを情報で知っている

と思っていることが、ほんの一部の出来事だとわかるでしょう。

 

そして、それらのことは全てが憑依一体に自然が織りなすリズムなのです。

 

そこに意識が向かったときに、わたしたちは。。。

 

自然への感謝と祈る気持ちに繋がりますね。

 

私たちは祈りの精神を持っています。

 

祈ることは、生かされること。

 

そして、小さな思い遣りを、こういうときこそ、周りの皆さんに届けましょう。

 

一行のメールが、人を救うことがあります。

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram

COMMENT