<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ロボットに監視される日が来そう! | main | Be Happy な時間 >>
アフリカ、カナリア諸島の野性の花のエッセンス

 

 

 

 

コルテのフラワーエッセンスに、カナリア諸島のアルテミシア(ニガヨモギ)

のエッセンスがあります。

 

このエッセンスのことは、ホメオパシーを始めて以来、忘れていましたが

、アルテミシアを使ったときの感動を思い出しました。

 

もともと、ホメオパシーでもヨモギは、栄養不良で体力がない方に使用す

ることも多いのですが、まだ、高齢とは程遠い50代の痩せ細った栄養不

良の友人に使用して、想像を超えてパワーがみなぎった記憶があります。

 

今回、このエッセンスを思い出したのは、マダガスカルのWHO離脱です。

 

この記事は、友人がフェイスブックで取り上げてくれたのでご紹介します。

 

マダガスカルで、ヨモギ茶が新型コロナウィルス感染症を予防・改善する

効果があることが判明したことが発端です。

 

で、マダガスカル大統領は、WHO による同国製ハーバルレメディへの弾圧

から脱退を決めたようです。

 

さらに、アフリカ諸国に「即 WHO 脱退」呼びかけ。

 

すごい大統領ですね。

 

内容としては、


『アフリカを依存させ続けるべく創られた組織』
『知権占有を奢り我々を認めず』
『アフリカ独自の組織を創設しよう』
『今夜マダガスカルは全組織から脱退する』
 
新型コロナウィルスで開始された現代社会の瓦解が、経済面だけでなく体制構

造の面でも現れはじめた。

 

以下、Heroshe Catoreed 引用
 
経緯は、

 

マダガスカルで、ヨモギ茶が新型コロナウィルス感染症を予防・改善する効果

があることが判明。
 
自然由来、無害、飲用後24時間で著しい改善が見られて、7〜10日で快復。
これをハーバルレメディ飲料『 Covid-Organics (CVO) 』として4月20日に

公式流通を開始。
 
それを WHO が「臨床試験なし、科学的な証明なし、利用するべきではない」

と再三にわたり諸国に警告。
 
Rajoelina 大統領はそれを撥ねつけてきた。
 
『アフリカ製なのが問題なのか?』
『仮りに欧州で発見されていたらそこまで疑うか、疑わないだろう』
『マダガスカルのような貧しい国から世界を救う治療法がでるのはよくないとい

うことなのか』
『事実として快復している。これは改良された伝統療法だ。WHO の臨床知見ガ

イドラインにも準じている』
 
そして「 WHO 脱退 」になる。
 

私はこの記事に感動しました。

 

アフリカには、素晴らしい伝統療法が多く存在したはずです。

 

しかし、多くの自然療法と同じく認知されなくなりました。

 

また、その素晴らしい薬草も西洋の薬を開発するために乱用されました。

 

コルテのフラワーエッセンス、K9は、濫用を防止するために植物の名前を

伏せています。

 

今回の大統領の行動がアフリカの豊かな未来へと繋がって欲しいと切に願います。

 


 

 

 

 


 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram

COMMENT