<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Love songを歌うとき | main | Lilium tigrinum (タイガーリリー)と更年期症候群 >>
月経困難症とPulsatilla (プルサティア)

 

 

 

 

Pulsatilla (プルサティア)は、矛盾の多いレメディで、非常に症状が変わり

やすく正反対の要素を多く含んでいます。

 

今日は、Pulsatillaの月経困難症について見てみたいと思います。

 

まず、Pulsatillaと月経不順を考えるときは、いつでも思春期以来の不調なのか?

それとも、初潮以来、調子が悪いのかを考えてみるとPulsatillaが月経困難症

にヒットする可能性は高いですね。

 

というのは、Pulsatillaは、症状が変わりやすいのでレメディ像が捉えどころが

なく、不明瞭に思えることもしばしばあります。

 

変わりやすい間欠性の痛み、出血の色も常に変化します。

 

だから、Pulsatillaを捕まえるには、症状を聞くのももちろんですが、モダリティ

をしっかりと掴めることです。

 

後は、精神面ですね。

 

これを把握できると、月経困難症であってもホットフラッシュでも出産、リウマチ

にもよく反応します。

 

モダリティーは、

 

悪化

 

温かい空気 や部屋
足を濡らす 
夕方、黄昏どき
片側だけ下にして寝ること
こってりした食物
手足を垂れさせる
太陽

 

好転

 

冷たくて、新鮮な外気
かけているものをはぐ
優しい動き
思い切り泣いたあと

 

と共に、月経困難症は、変わりやすい間欠性の痛み、冷えを伴う痛みがあります。

そして、痛みは移動性の痛みです。

 

傷みは、暖かさで悪化し、腰痛、だるさ、強い痛みがあり、落ち着かなくて身悶えします。

 

また、Pulsatilla を見るときは精神面が非常に役に立ちます。

 

生理が始まるとサポートを欲しがる。

気分のムラ、メソメソ、しかし、泣くことで好転しない。

しがみつきが激しくなったり、見捨てられ感がある。

 

Pulsatillaの女性は植物のようにしばしば強い人に同調してしまいがちな優しい人です。

「恥ずかしがっている少女」のように、内気ではにかみや、目を見るかわりに下を向きます。

 

が、Pulsatillaの場合は、いつでも愛が欲しいから与える、そう、マニピュレイトが見られます。

 

大人は、夫の感情的なサポートを欲しがり、『愛しているといって!』

 

常に人助けをしているような人ですが、その代わりに世話をして欲しい。

 

だから、Pulsatillaはよく思われるように、共感を得るために非常に慎重に考えた話をわたしに

言いそうです。

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram

COMMENT