<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 月経困難症とPulsatilla (プルサティア) | main | Pituitrin (ピツイトリン)と月経困難症 >>
Lilium tigrinum (タイガーリリー)と更年期症候群

 

 

 

 

 

Lilium tigrinum は、オニユリのレメディで、熱いセクシーなシーピアと言われ

ています。

 

シーピアのようにLilium tigは、脱肛の感覚のため足を組まなければなりません。

 

また、欝と心身に反映される重い感じや膨らんだ感覚が子宮、卵巣、下腹部に

あり、女性は子宮の脱肛、および下に垂れ下がる感覚があり、膀胱や直腸に圧力

を感じ、それによって絶えず排便や排尿の欲求があります。

 

しかし、このレメディは、タイガーとユリが象徴するように2つの全く異なった

ものが組み合わされています。

 

タイガーのイメージは、激烈、エネルギー、パワー、勇気、速度、および攻撃性

の局面を含み、象徴的に王者の風格、激烈、残酷さ、強さを含み、それは深く動

物界の要素があります。

 

動物としてセクシュアリティ、競争、および生存の問題とのつながりがあります。

 

ユリのイメージは、繊細さ、優雅、および威厳の局面を含んでいます。植物として、

の感受性は、白百合は純粋さ、善良、無実、処女性の宗教的なシンボルです。

 

クリスチャンの図像解釈学では、処女マリアは白百合を手に持っています。

 

Lilium tigrinum には、白百合の威厳と優雅さはありますが、純粋さはありません。

 

このように、Lilium tigrinumの対照的な二つの側面がレメデイーの中でどのように

表されているかを見ましょう。 

 

タイガーは、王者の風格、他のものを軽蔑して自分自身の重要性を誇張したり高慢

だったり人を見下すことがLilium tigrinumの人にはあります。

 

話題の中心にいたがり、家族や周囲に一目置かれたいと思うこともあり、それは、

家族やビジネスをまとめることができるのは自分だけだと感じているからかもしれ

ません。

 

そして、非常に横柄でいばっています。

 

他の人が意見するようなら、それを批判ととらえて非常に感情を害します。 

 

他の人のほうが優位にあればうらやましがったり嫉妬することもあり、感情的で非常

に感情を表しやすい人です。

 

すぐに泣いてしまうPulsatillaに似ていると言うこともできますが、Lilium tigrinumで

は、感情がはるかに大きいというか、ヒステリックです。

 

怒りを感じると、肉体的な暴力と怒りを示し、自分の髪を引き裂いたりものを投げます。

 

怒りの後に泣きます。話すのが好きで、Lachesisのようにお喋りなので怒るとのの

しったり呪ったりします。

 

非常にイライラしているので、友人は彼女をなだめることができないし、慰めも悪化

します。

 

また、タイガーのように非常に速く動き、早口で行動もすばやいです。

 

女性では動き回るときだけ月経の血が流れます。抑えがたい排便の欲求で早朝に床から

起き上がります。

 

多動と思えるくらいに忙しい。旋風のように非常に速く効率的でどんどん用事が片付き

ます。

 

いくつものことを同時にやりくりをするタイプの人です。何かをしているのが好きで、

体調も好転します。忙しさは性的なことから気をそらすことができます。

 

このレメデイーには、高いセクシュアリティがあり、激しい性的興奮があります。

 

セクシュアリティが極端で、一種の脅迫や狂気に近い感じや、性的な不満足、または、

異性との交流がなく満たされないなど。

 

非常に過敏な女性のあるケースでは、彼女は生理の間に、セクシュアリティが増し、

その時期になると夫に多くのセックスを要求します。

 

しかし、Lilium tigrinumは、ときどき、自分のセクシュアリティに関して非常に罪悪

感を感じ、本能と宗教的理想との間の葛藤を感じることがあります。

 

このような状態が、Lilium tigrinumが、尼僧/売春婦コンプレックスと言われる所以で

あり、性的に無差別であったり、自分をきたなく感じるか、またはパートナーによって

汚く感じさせられる気がします。

 

他方では、健全な関係から切り離すほどの厳格な抑制をするかもしれません。

 

Lilium tigrinumは 、心身ともに「熱い」人です。

 

一般に、身体的に熱く、手のひらや足の裏が燃えるようです。涼しいところや外気で好

転し温かい部屋や人の多い部屋では悪化します。外気の中での動きで好転します。

 

Lilium tigrinumには、どう猛な怒りとセクシュアリティを持っていますが、正反対の

ユリの性質として過敏症と臆病さがあります。

 

音や人に対して神経過敏です。周知のごとく、他の人に非常に過酷である場合があり、

これは、タイガーの側面ですね。

 

ユリ側は弱く感じさせ孤独になります。(支えられていたい、見捨てられて孤独な感じ) 

 

過剰であることから症状は起こります。これは、精神的、物理的で、性的な過剰もあり、

身体が重くものうげであると感じたり、または神経衰弱の状態になり神経が張り詰めます。

 

病気か災難を心配。狂気を恐れる。心臓病や不治の病を恐れる。しばしば適度の、また

は、準急性の子宮または卵巣の炎症。

 

また、他の症状としては温かい部屋で気絶するというものもあります。

 

または、腹、背骨、手足の震え。まるで筋肉が、意志に従うのを拒否しているかのような

混乱の感覚がある場合もあります。動悸や不整脈、心の鋭い迅速な痛み、または心臓が冷

たく感じます。 

 

病気になることへの恐怖もあります。(死の恐怖; 心臓病への恐怖; 難病)。

 

救済に関する狂気。宗教的考えによって拷問される、信仰に傾倒したりします。

 

このように、Lilium tigrinumは、親和性が静脈循環、女性生殖器と神経にあります。

 

これは非常に神経的なレメデイーです。それは過敏症、神経衰弱、および活動過剰に神経

質です。

 

激しやすいとかヒステリックであると言えるかもしれません。

 

Lilium tigrinumは、更年期症候群のレメディとして、Sepia、Cimicfuga、Lachsis、

Sabinaと並ぶレメディです。

 

以前、サンカランのビデオケースで、Lilium tigrinumの女性のケースを見たことがあります。

 

とても清楚で道徳心の強い女性がセッションが進むうちに、横柄でヒステリックになり、かな

りセクシャルな女性に変貌していきました。

 

Lilium tigrinumの印象深いケースでしたね。

 

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram

COMMENT