<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自分を好きな人は愛される

 

 

 

 

 

 

このひと月近く、ベランダのアニスヒソックにコマルハナバチと

セイヨウミツバチが毎日、訪花しています。

 

セイヨウミツバチはとても効率的にスマートに蜜を集めていますが

コマルハナバチの方は、ずんぐりとした丸っこい体でちょっと不器

用に花にぶら下がり、ときどきストンと落ちることもあるのですね。

 

しかし、その姿がとても愛くるしくて見ていて飽きないし、彼らは

それでも勤勉に蜜を集めているのです。

 

そういう彼女たちが、『私はそんなぶきっちょな自分が好き!』

 

と思っているかどうかはわかりませんが、彼女たちを愛してやまない

ハチ愛好家はたくさんいます。

 

そこで、人間はどうかというと、

 

自分を好きになれない人というのは、自分の理想の長所だけを受け入れ

て、そうでない自分には自己嫌悪があり、受け入れられないようです。

 

だから、もっと自分の理想とする自分に近づこうと努力を重ねる人も多

いのですが、それで自分を好きになれるかというとそれは違うと思いま

すね。

 

まずは、自分の嫌いな部分を好きになることが理想の自分に近くことかな

と私は思います。

 

最初に自分を好きになれば、物事は必ずいい方向に向かうような気がします。

 

これって、自分を丸ごと受け入れることなのですね。

 

自己嫌悪を持ったまま理想を追いかけてもうまくいかないし、いい夢も見れ

ません。

 

自分よりも成功している人や、優秀だと思う人には嫉妬や妬みが湧いてきま

す。

 

多分、妄想なのですね。

 

ただの自分勝手な妄想です。

 

生きていれば、誰でも成功していい時もあれば、失敗するときもあります。

 

それが生きているということですから、だめ出しした自分に自己嫌悪を持った

ままで理想の自分追いかけても、半分の自分は置き去りにして人生を走ってい

るという状態だと思います。

 

自分の嫌な部分をもっと角度を変えて見てみるとコマルハナバチのように愛され

る自分がいるのかなと。

 

自分を半分置き去りにして生きていくよりも100%愛して生きていくほうが

人生はうまくいくのではないでしょうか?

 

愛される自分は妄想が作り上げた理想の自分ではなく、いまのあなたの素直な

マインドかもしれません。

 

人は愛されたいですね。

 

嫌われたい人なんかいません。

 

愛されるにはまず、自分を好きになることです。

 

自分を好きになると人生はマジックのように変わりますよ。

 

自分に否定がなく、好きなんだなと感じる人を見ていると気持ちがいいですよね。

 

そういう人は運が開ける。

 

ね、ハナバチさん。

 

 

 

 

©Copyright Jarda All rights reserved.

Jarda session
Kumiko Yamashita ホリスティックカウンセラー
ホメオパシー・フラワーエッセンスによるヘルスケア
を行なっています。詳しくはProfileをご覧ください。

コンサルテーションのお問い合わせは: Contact us
ホメオパシーについての詳細は:http://jarda.jp/

Instagram